スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

湧水めぐりはじめ 「護摩屋敷の水」

猛暑厳しい今年の夏の初めのこと。職場で水だしの冷茶を
作るようになりました。

もとは、お客さんからお茶の葉を頂く事が定期的にあって、
自宅ではそれほど飲まないので、ダメにしちゃった事があるんですね。

もったいないし、申し訳ないしで昨年あたりから麦茶の代わりに
冷茶を作るようになったんですが、これが美味しくて。


なんというか、ペットボトルのお茶は濃いめじゃないと物足りない感じ。

そういう下地がありつつ、5月ごろに同僚と雑談をしていた際に
・秦野は湧水が豊富
・湧水で水だし冷茶って美味いんじゃない?

というノリになりました。じゃ、職場でもやってみようかなと。
もともとコーヒーやお茶は、一息いれるのによく淹れてましたし。

付け加えるならば、職場の水道水がカルキ臭いんですよ。
相模川水系ってああなのかな。
職場では水のサーバーを入れてもらってるので、お茶するとき以外は
水ばっか飲んでるんですけど…。

家では水道水で作っても気にならないんですが、面白そう。

湧水が豊富、ということをぼんやりと知っていましたが
実際汲みに行ってみると、それがすごい事だなと。
そして自分の行動範囲に数多くあることに、驚きました。

汲みに行った場所を記録するグーグルのマイマップなんかも作ってみました。
勢い、カテゴリまで作ったのでぼちぼち補足していこうと思います。

なお、殺菌処理されていない生水ですから、飲料にする場合は
煮沸等、自己責任で御願いしますね。


より大きな地図で 湧水マップ を表示

最初に行ったのはヤビツ峠の「護摩屋敷の水」です。
有名なところで、いつ行っても車一杯の容器を満たそうとする人がいます。
アイコンをクリックすると写真出ます。ちょっと写真を撮りづらかったので、
看板で。

いくら地元とはいえ、MPV号で家族を乗せて行く所じゃなかったなと反省。

なお、湧水マップはおいらの同僚氏も編集しているので、妙に山奥な
アイコンは彼担当です。

2010/08/24(火) | 湧水 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/886-a869646c
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。