スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

続・フロ掃除

週末に本丸のフロ床パネルをやっつけてやろうと、ウデをまくって取り組んでました。

前回と違って、「お湯で溶かした重曹でじっくり汚れをうかす」為に、排水口を
ビニールで目張りして、お湯をためます。
給湯温度をMAX65℃にして、シャワーを出しつつ主役の重曹を先にまいておきます。
熱いし、奥の方は手が届かなくなっちゃいますからね。
濃度を濃くしようと、結構大量にまきました。1/3くらい使ったかな。

お湯を出し続けていたのですが、床が傾斜しているせいかなかなかたまりません。
汚れが目に付くのが入り口側なので、ここは満水を目指さなければ。
それにしても、なかなかたまらないもんなのね。


あれ?

ひょっとして目張りから水が漏れてる…?

…おーい、と思っても既に手遅れでした。見守る中、徐々に引いていく重曹湯。
熱くて手が入れられないし、排水口周りは真っ先にお湯に浸かっているので打つ手なし。
_| ̄|○ガックリ

気を取り直してもう一度。
今度は、排水口の内側と外側で2重にカバーしつつ、水圧がかかった際に
フタとなるような形に工夫してみました。
目張りのテープもさっきより厳重に。

再びお湯を張ってみたところ、さっきよりはマシですが、やはりどっかで漏れているようです。

目張りのテープをちゃんとした耐水テープにしないとダメそう。
高温のお湯だし水圧かかるから厳しいのかな…。

悔しいので、ちょっと実験。
参考にしたサイトにあった、重曹に酢で発泡させるという方法を試してみました。

汚れの上に重曹を盛って、お酢をちょろっとかけます。
おおっ、シュワシュワ発泡してますよ。楽しいなコレ。化学の実験ですね。

遊んでる場合ではないので、力の限りこするこするこする…。

落ちません。(ー ー;)ムー

うーむ。耐水テープを買ってくるのが一番の近道かな。
それともどこかで王酸売ってませんか。

2005/10/26(水) | 掃除 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/81-be9b9efa
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。