スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

DIYの功罪2

火曜日に明るい内に帰宅したもので。
XJRのETCが通電してない件を見てみました。
2009_08040002.jpg


ずっと原因を考えていたんですが、電源が入らなくなる理由として

・シガーソケットの電源をとった事
・アース不良
・本体故障、どっかで断線

くらいしか思いつかなかったんですよね。
疑わしい順番なんですが、アース不良については
既に確認済み。左サイドカバーの中で、他のアースと
共締めされてて問題なさそう。

ネットで故障事例を探して見たところ、本体故障のケースも
あったみたいです。こちらの方の場合、本体外してメーカー送りだそうで、
時間もお金もかかりそう。
取付店のナップスに聞いてみると、見てみないと
何とも言えないと。ま、そりゃそうだ。

過去に少数ながらトラブル事例があったみたいですが、
週末はピットが混んでいるので要予約とのこと。

この辺は梅雨時期の話なので、やはり自分でやった
シガーソケット増設時の配線を確認しないと話が進みません。

結論から言うとクロでしたよ。

分岐のギボシがなかったので、暖かい時期になる事だし、
とグリップヒーターの電源と入れ替えたんですよ。
その元のところでETCの電源が割り込んでまして。

やっぱ横着しちゃダメですね。

配線を分岐させて、ETCのインジケータランプと
2009_08040003.jpg


シガーソケットの通電を確認できました。
2009_08040004.jpg


ホッと一安心です。

2009/08/07(金) | motorcycle | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/773-f5854c0e
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。