スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

終わり間際にモーターショー記事。

モーターショーのコンセプトモデルをざっと見てみて目についたもの。
まずはヤマハ・テッセラクト。
tesseract
tesseract2
立ちゴケのないバイク、ではなくてリーン出来る4輪ですね。
2輪以外で体重移動による旋回をする乗り物はなかった訳なので、ちょっと乗ってみたいです。
なんで給油口がそこなのとか、バック出来るのかしらとか、つまんない疑問はありますが
増えた車重を補うパワーがあったら面白そう。

続いてホンダ。
evo06
face

ゴールドウイング・ワルキューレのフラット6を使ったEVO6。
初めにエンジンありきのデザインはV-MAX系ですかねぇ。洗練されたマッチョモデルかぁ。
これに限りませんけど、LEDランプが普及してきたら色々な顔つきのバイクが
出るんでしょうね。
白色LEDランプの高出力化でHID並に」なんて聞くと、わくわくします。

マニュアルモード付きATはスクーターで増えてきましたけど、このクラスでも
2輪もAT化が進んで、「左手でクラッチ操作…?」みたいな時代がすぐ来るのかな。

ところで、モーターショーに絡んでホンダのサイトをみてたんですが、夏にスーパーカブが
モデルチェンジしていた
んですね。知らなかった。
驚くべきは、インジェクション化。マジっすか。ちょっと前までハイエンドのリッターマシンで
ようやく装備されてたと思うんだけど、普及モデルのトップに君臨するカブに装備できるくらい
実用化が進んでいるんですね。

定地30キロ走行の燃費がリッター110キロとか116キロとかなんなんですか。
データ取り実験の類だとしてもすげぇ…。

そしてスズキ。
クロスケージという空冷燃料電池車が出品されてます。2輪のひとつの未来形でしょうか。
クローズドコースながら、ちゃんと走っとる。

こういう技術も、案外早く自分の周りに降りてくるのかもしれないですね。

2007/11/10(土) | motorcycle | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/541-60bf1b30
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。