スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LEDヘッドライト

PC070008.jpg
XJR号にスフィアライトのLEDバルブを買ってみました。
H4バルブ対応で取り付け簡単そう。
HIDに比べてずいぶん手頃になっていたんですね。

PC070009.jpg
ネイキッドの宿命で、HIDのバラストを収めるスペースがないかと思って
いたところ、コンパクトに感じたのが大きいですね。

NAPSに「見に行って」。買って来ちゃったんですわw

PC070010.jpg
ヒートシンクが目立ちますが、ひところに比べたら小さくなりましたねー。
H4バルブ対応でポン付けだなんて夢のよう。

PC070011.jpg
ポン付けって書きましたけど、要加工です。黒い防水キャップは
ヒートシンクが干渉するのでカットします。

PC070012.jpg
外して、デザインナイフでさくっと。

PC070013.jpg
取り付けるとこんな具合。下にあるのがコントロールユニットだそうな。

PC070014.jpg
座金を固定する針金とヒートシンクが干渉するかもしれないので、曲げて
逃がす必要があるかもしれない、とのことでしたが干渉しなかったので
問題なし。

PC070016.jpg
問題だったのがこれ。
ライトケースの中でうねる配線に、ヒートシンクとユニットがなかなか
収まらなくてですね。ここが一番苦労しました。

ただでさえ、追加の配線とコネクタが
・ライトスイッチ
・シガープラグ給電ソケット
・グリップヒーター
・油温計センサ、電源
が、加わっていて、小手先が通用しなかったため全部配線やり直し。

PC070017.jpg
点灯!
わー明るい!

PC070019.jpg
■LOW
明るいのですが、配光にムラがありますねぇ。
マルチリフレクターではなくて、ガラスレンズでの配光はこうなるのか、
という感じ。

眩惑対策か、右側の配光が下がっているのが分かります。
自分としては、車外品のマルチリフレクターに交換する必要は感じません。

PC070018.jpg
■HIGH
光軸が集中して、少し上向いたかな?
LOWとの差があまり感じられませんが、実際の夜間走行でどんな具合に
なりますか。

壁でチェック。
PC070024.jpg
■LOW

PC070025.jpg
■HIGH

2年前の車検時にチェックしたとき基準。今年11月の車検もこれに
あわせてます。
ハロゲン球での位置よりも、少し上にずれたようなので下げてみました。

昨晩、実際に夜間走行してみましたが、明るいの一言です。
従来に比べて十分に明るいので、配光ムラが気になりません。
平地での普通の走り方では、対向車、前者に対する眩惑も問題なさそうでした。

その他に体感できたのは、消費電力ですね。チェッカーで測ったわけではなくて
ウィンカー、ハザードをつけたときにヘッドライトが暗くなりませんw

■店員さんの話では、車検対応を謳うこの製品、実際に通るかどうかは
疑問符が残るそうです。以下は伝聞なので真偽はわかりません。
・車検場での光軸検査で、光量を測るための測定器がLEDに対応してない
 とのこと。ハロゲン球で検出する紫外線か何かがLEDでは出ないためとか
 なんとか。

・対応している測定器がある車検場なら通るかもしれないが、2輪はまだ
 LEDヘッドライトが少数なため、後付け製品は厳しいのでは無いか

・純正LEDヘッドライトの車種は、メーカーが基準を満たしている旨の仕様書を
 出しているため、光量検査はパスだと。
 というかCB1300ボルドール以外にあるのかな。

それでも購入したのは、圧倒的な明るさと取り付けの手軽さ、価格ですね。
店頭にあったボタン押してビカっと光るアレにヤられました。ズキュン。

ハロゲン暗いと思っていたのが、HIDを飛び越えてLEDに交換できたのが
嬉しくて仕方ないです。

車検対応の点も、次回の車検は2年後だし、ハロゲンに戻すの簡単だし。

日本人3氏のノーベル賞受賞式のニュースが話題となっていましたが、
しみじみと技術の恩恵を受けられることに感謝です。

2014/12/13(土) | motorcycle | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/1241-ad9184a5
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。