スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クラッチフルードもれ修理1

状態の確認のためバラしてみました。ちなみに朝5時半w。
日曜日は家の用事がなにかとあるんですよねー。

P4270001.jpg
クラッチレリーズ自体、シールの当たるところが汚れてて凸凹です。
本体の問題は把握ができないので、耐水ペーパーで汚れを落として、
シールとダストキャップを交換して様子見しようと思います。

P4270002.jpg
ピストンもダストキャップ側の汚れを落とす。

以前、ショップで一度シールの交換はしたんですよね…。何年経ったんだろう。

P4270003.jpg
フルードの手持ちががあるかと思ったら見つからないという。
ピストンシールとダストキャップは、ヤマハ発動機の部品検索で見たら
「プシュレバーシールキット」ですね。
用意できたら作業再開ですね。

2014/04/27(日) | motorcycle | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/1194-492ded17
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。