スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

花粉症対策

毎年煩わしい思いをする花粉症ですが、今回は事前に手を打ってみました。
それは粘膜を焼く、というものです。

今まで色々な種類の薬を飲んでみましたが、生活に支障がでる点では
飲まないよりはマシ…なのか?程度で。

そんな折、仕事でお付き合いのある方が実際に処置して鼻水については
効果あるよ!という生の声を聞いたのがきっかけです。
#目がかゆいのは当然治らないそうで。

個人差はあるのでしょうが、もし効果があって1シーズンでも
今までと違う春を迎えられるならば!という気持ちです。

くしゃみで肋骨にヒビとか、もう御免なんだし。

どこで受診したのか聞いてみたら、東海大学前の「新川クリニック」とのこと。
地元でびっくり。そんな有名だったの?と思ったらテレビで紹介されて
混雑ぶりが凄いらしい…。

ネットで情報を探してみても、とにかく混む、と。

たまたま月曜日に別の用事で休みをとっていて、午後2時くらいまでは
予定が空いていたので朝一番で行ってきました。

受付開始が9:30 診察開始が10:00のところ、9:00に着いてみたら13番目。
このくらいなら今日検査して、次回手術してもらえるかなーと期待していたら
男性の先生に診察 → 鼻の通りを検査 → 血液検査 → 手術 で
12時には全て終わりました。

花粉が飛ぶ前に済ませたかったので、これはラッキーでした。


完治させる性質の治療ではないので、今年どれだけの効果があるのか
期待と不安で半々ですね。



ところで。
鼻の奥に麻酔ガーゼを入れるまでは良かったのですが、いざ焼く際に
涙ぼろぼろ出てくるわ、派手にクシャミして先生・看護婦さんに鼻水
ぶっかけちゃうわでホントすみません。
あれって、我慢できるんですか普通の人は…。

冗談抜きで言えば結構な苦痛だったので、5年くらいは効果が続いて
欲しいところです…。鼻の入り口のヤケドが痛い(泣


余談ですが、実際に診察を受けた感想としてネットで見かけた
スタッフの態度、言葉使いが悪い
という点について。

患者さんに高齢な方が多く、なおかつ耳鼻科であることから、そもそも
聞こえにくい人が多い印象なんですね。大勢の患者さんを
効率よく 診察 → 検査 → 診察 → 会計 みたいに流す為に
「受付番号」で呼ばれる形だったのですが、大きな声で何度も呼ばないと
気づかない人は一定数いるわけで。

先生やスタッフが患者さんに「大きな声で」接するのは必要があって
じゃないかと思いましたよ。おいらは。

受付番号で患者さんを管理するのが徹底されてるのは、合理性でしょう。
想像ですが、テレビ出演で患者が押し寄せた結果、従来の方法では
処理しきれなくなったからだろうなーと。
こちらのブログで、当時の並びっぷりを紹介していましたが、そりゃ無理だわ。
2008~9年当時だそうですが、現在は医院の場所が少し変わっています。

おいらの場合、神奈川県西部でレーザーやら炭酸ガスで粘膜を焼く手術を
するお医者さんが少ないのでここにしたんですよ。地元だし。
あとは伊勢原協同病院でもやっているみたいですけどね。

どうか、安らかな春を迎えられますように(ー人ー)

2013/01/22(火) | 家族日記 | トラックバック(0) | コメント(2)

«  |  HOME  |  »

流石

『No title』

おはようございます
久しぶり何年ぶりかな NHK総合 2月6日

5時45分ごろ なるほと情報局で 花粉対策やっていたよ 

2013/02/06(水) 10:47:56 | URL | [ 編集]

yamaznabe

『No title』

こんにちは。こちらではご無沙汰でございます。
打てる手は打ってみよう!なのですが
根本的な解決法がないのがもどかしいです…。

2013/02/17(日) 23:28:49 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/1111-6a396e00
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。