スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

デジタル温度・湿度計修理

一昨年、今の住まいに引っ越してきたときに暖房がエアコン主体に
なったんですよ。そしたらなんだか乾燥が気になるようになって
ホームセンターで手頃な値段の温度・湿度計を買ってきたわけです。

ところが、購入直後から湿度の表示がどうもおかしい。30%半ばを
超えることがほとんどなくて、ああ、安物買いってこういうこと
なんだな…と悔やむ日々。温度は正しいみたいなんですけどね。
エアコンの設定温度に近づく訳なので。

それがCRECER(株)クレセルという会社の製品だったのですが、
誤表示を続けてる状態が頭に来たので、捨てる前に分解してみました。

2013_01210005s.jpg
従来の状態。
加湿器の真下で下側「湿度23%」の表示。
数値を明確に表示するデジタルなのに、それが信用できないという状態って
なんなの。

2013_01210007s.jpg
ネジを外してみます。
湿度計の原理によると左側のセンサーで測るようですね。

2013_01210008s.jpg
拡大。櫛状の数が少ないのが廉価な証。
というよりも、このセンサーのハンダが外れてましたよ。

2013_01210009s.jpg
こんな感じ。
さすがmade in chinaだなや。それでもこの湿度計、1500円前後で
買った気がするので捨てるにはちょっとなぁとそのままだった次第。

2013_01210006s.jpg
指でセンサーを押さえたら表示が50%台になったのを確認して、直す気に
なりまして。

半田ごて購入
まぁ、以前から欲しいなーと思っていたのできっかけですかね。

2013_01210010s.jpg
あんまりきれいに盛れませんけど、完了の図。

2013_01210011s.jpg
湿度65%ってほんとかよ…と思ったら。

2013_01210012s.jpg
しばらくしたら表示が落ち着いてきました。

メーカーに連絡するのが筋なんでしょうけど、自分で簡単に直せると
思ったからまぁいいやと。

ハズレを引いたとはいえ、買う前には分からんのでホームセンターの
安物は覚悟が必要なんですね(ーー;

2013/01/21(月) | goods | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/1110-969f156b
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。