スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ETC不調の対策

昨年11月のユーザー車検で、ETCのインジケータが点灯しなくなっていた件。
2013_01040001-2.jpg
メインスイッチをONにしても沈黙。

年内はそのまま乗っていたのですが、ETCが使えないと高速に乗る気に
ならない訳ですよ。でも原因が分からないのでそのまま放置。

そんな状態で某大工さんと話をしていたら
「アース取り直してみたら?」
という案を頂きまして。

いきなり使えなくなった訳なので、試してみました。
2013_01040003.jpg
共締めしてある左側が車体側からのアース。右側の細い方がETC側のアース。

テスターでETC側の線をいくつか導通してみると、アース不良が疑われるような
ノイズのような形でブザーが鳴ります。接点もそれなりに汚いので、端子を
磨いてもう一度スイッチON。

…沈黙。

電気を疑うなら、そもそもバッテリーが死亡寸前だしなぁ。
でも走っている時の電圧で復活するでもないし…。

そういえばマイナス側は、これ以上打つ手が思いつかないけど、プラス側は?
と思ってACCの線を辿ってみました。
2013_01040005.jpg
ぐちゃーっと。
電装品が増えるにつれてACCの線を分岐させたもので、タコ足もいいところ。
・ETC
・グリップヒーター
・シガーソケット
・ヘッドライトのON/OFFスイッチ

弱っているバッテリーが可哀相になってきた…。

枝分かれしている線の下位にETCのプラス側があったので、とりあえず
一番上位に繋ぎ直してみました。
2013_01040004.jpg
あ、点いた。

ETCカードをセットしての点滅パターンも問題なさそうなので、アース不良も
含めた電圧不足だったのかと推測。(あとバッテリーの状態も)

いや-、NAPSに駆け込まずに済んで良かったです~。

2013/01/04(金) | motorcycle | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/1107-2418832f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。