スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

SSDよもやま

今回PCの構成を見直したのは、動作が遅くなったからなのですが、
具体的には
「起動してからネットワークを認識して、操作を受け付けるまでの時間」
が、許容できなくなったためです。

その時の構成は
OS XP SP3
CPU E7200@3.16GhzでやんわりOC
メモリ 4G(うち1GをRAMDISK)

という形でした。ひと昔以上に古い構成ですが、CドライブをSSDにした
あたりでは、まだまだ現役!なんて思っていたものです。

一般的なメンテナンスを一通り済ませても、体感できるほどの改善がなく
あとはOSの再インストールで気分一新かな?と。
でも手許にあるのXPだし。今更時間をかけてもねぇ。

そんなとき目にしたのが、SSDのパーティーションアライメントがずれることで
性能を発揮できないというもの。

えー?そんなのあるの。こちらのサイトを参考に確認してみると
パーティション開始箇所が4096で割り切れないということで、ずれている模様。
CrystalDiskMarkで計測。

■BEFORE
befores.jpg
書き込み速度、特にランダムアクセスが桁一つ遅い模様。

データの書き出し位置をリセットするツールで変更後
■AFTER
afters.jpg

本当にread/writeとも数値が改善してますね。すごいすごい。
ただ、起動時に体感できるほどの差がなかったのが問題で。
結果ハードの交換です。

ちなみにハードを変更した後のベンチマークがこちら。
■NOW
NOWs.jpg

サイズの大きなファイル読み込みが大幅UP。
マザボがSATA3.0をサポートしててSSDの性能をようやく
発揮できる環境になったからですかね。
下がった数値もあるけど、トータルでこれだけ改善すれば満足です。

2012/10/04(木) | 家族日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/1086-8647c596
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。