スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

携帯紛失

楽しい同窓会を過ごしたその日、実は携帯を無くしてました。
結論から言えば、無事に見つかってその週の内には元通りとなりましたが
自戒と記録を込めてのエントリです。

深夜、タクシーから降りてふらふら歩いてる時に
携帯がない事にぼんやり気づいたのですが、そこは酔っぱらい。

そのタイミングではどうにもできないと考えて、そのまま帰宅。
深酒が祟って、翌日午後まで身動きできずにいましたが、さすがに
気になるので昨夜のお店に連絡を取ってみたわけです。

飲み屋さん、カラオケ屋さん、タクシー会社に電話して
確認しても見つからなかったところで一区切り。

どこかで見つかるだろうと考えていたので、この辺で
考えが変わってきました。本格的に手を打たないとダメかなと。

おいらはドコモを使っていまして「紛失・盗難時のお手続き」から
・おまかせロック
・ケータイお探しサービス
というのがあるのを知って、試してみたのですが…。
1332991872901.jpg
無事回収後。おまかせロックがかかっていると
この状態から出来る操作は電源のON/OFFくらいです。

1332991925302.jpg
電池の裏蓋が無くなった状態で見つかったとのこと。
どこで落としたんだろう…。

おまかせロックは成功したものの、携帯お探しサービスに
ついては何度か試しても「失敗しました」となるばかりです。
2012_03310006.jpg
サービスの利用時、端末にはメッセージRで通知が入ります。
見ての通り、必死です。

携帯がGPSを備えていて、なおかつ基地局とのやりとりがあるわけですから、
場所の見当はつくと考えていましたが、そうはいきませんで。

GPSについては電池の持ちを気にして、自分で機能を切っていたようです。
機種によって設定方法が違うようですが、一度試してみるのが良いと思いますよ。

s2012_04010001.jpg
位置情報提供の設定をしておくと、GPSでの位置特定は可能。
GPS探知が成功したときの、携帯側の画面です。

ただ、基地局を通じての位置検索は本体電源が入っていても、電話をかけてみて
コール音が鳴る状態(電波状態はOKのはず)でも出来なかったんですよ。

この辺はドコモショップのお姉さんも回答できずに、HP記載の原則論の繰り返しに
なってしまいました。


話が前後しますが、見つかるまでの間はSIMを再発行してもらって、
昔の携帯に入れてしのいでいました。アドレスやメールは日頃からバックアップ
している方なので、SIMさえあればすぐに元通り。

自分の手元で復旧できるのは便利ですね。
このタイミングで、警察に遺失物の届出をしています。
2012_03310007.jpg
緑のが古いSIM。

見つかったとの連絡があって、手元に戻ってくるまでの流れは
下記のような具合です。
・交番に届けがあり、ドコモから自宅に連絡。
 警察署から直接連絡がないのは、携帯だけでは個人情報に触れることが
 できないからだそうで。

・ドコモから遺失物の受理番号と、携帯の製造番号を伝えられる。
 これは後日遺失物通知としてドコモから同じ内容の書面が届きました。

・書面と三文判、身分証明をもって警察署へ。

・受け取り。

s2012_04010002.jpg
電池裏蓋は購入しました。これで元通り!
実費もSIMの再発行手数料くらいでした!

が。

お酒飲んで物を無くすのを定期的にやらかすので、無くした信用
プライスレス…。
楽しい席でもブレーキをかけられるようにならなければ…。

2012/04/04(水) | goods | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/1035-6d1106a0
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。