スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドアミラー修理

会社のクルマで、ドアミラーを壊してしまいまして。
2012_03180001.jpg
運転席側の先っぽなんですが、助手席側を気を付けてバックしてたら標識が
あったでござるという状況でして。
ミラーが反対側に倒れるならまだよかったのですが、先端だけ割れてカバーが
脱落する事態。

うぉぉぉ。立つ瀬が無い。どっちかっていうと、職場で車両管理する立場だというのに。
アセンブリーで交換するには惜しいので、週末を利用して直すため、外して
持って帰ってきました。

ぱりんこ。
2012_03180002.jpg
カバーはきれいに外れただけなので、取り付けると黒いプラ部分はこんな状態。

2012_03180003.jpg
現場で回収した破片です。これが大切。くっついて見えますが実は3分割くらい。

2012_03180004.jpg

2012_03180007.jpg
合わせてみると、欠損部分はそれほどではないですね。
とはいえ、ここからが問題なんですけど。

2012_03180005.jpg
で、この型取くんの出番です。反対側のドアミラーで型をとったもの。
歯茎じゃないよ。

2012_03180006.jpg
こんな具合に合わせて、欠損部分をプラリペアで充填しよう!というつもり
だったのですけども。
前側のカバーが外れなくてですね。その方法は断念することにしました。
無理にやろうとすると別の場所を割りそうになっちゃいまして。

もともとドアミラーって、分解を前提に作ってないからアッセンブリーで
交換させるんですよね。うーん。残されたのは地道な作業の繰り返しのみ。

2012_03180008.jpg
・溶剤で接着
・溶剤で表面を荒らす
・欠損部分の基礎になるようにマフラー補修用のフィルムを接着
 (手元にあったヤツを適当に使う)
・その上にプラリペアを盛る

2012_03180009.jpg
とりあえず穴は埋まりました。でも、型が使えなかったせいでぼこぼこ。
ハンドドリルにリューターをつけて削ります。

2012_03180010.jpg
粗方削ったら耐水ペーパーで整える→アクリルスプレーで塗る

の繰り返し。

2012_03180011.jpg
手持ちが「つや消し黒」の塗料だったもので、質感が見るからに変わっていますが、
元が梨地でもあるし、ドアミラーが変に光るよりは良いと考えたので、これで終了。
車体への取り付け後、運転してみたところ違和感は特に感じません。

時間が許すならもう少し丁寧に形を整えたかった所ですが、そこは時間の都合。

所長には謝って許してもらえたので、今回はこれで終了です。
不注意だったなぁ…。気をつけよう…。

2012/03/30(金) | 家族日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/1033-9d8aad50
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。