スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

いぶす君5

雪印6Pチーズのなれの果て。
PB037617.jpg
ツヤはいいのですが、どう見てもやりすぎです。

これには訳がありまして。
いつものようにタイマーをセットして、勝手口の土間にいぶす君をおいて
燻してたところコドモ達が二人して奥さんに叱られとる。

その日は寒かったのですが、家の中であんまりにも騒いでて聞かないので
「騒ぐなら外に出てけ」な流れになったようなんですよ。<おいら燻製準備中

あゆみさんは既に涙目ですが、お姉ちゃんがそのまま外に出て行こうと
してしまう展開。素直でよろしい、ではなくて剣幕にびっくりして言うことを
そのまま聞いてしまおうと思ったらしいが、奥さんさらにおかんむり。<おいら燻製中

さすがに見かねて
・何度も注意されてたこと
・怒られたのに、意味も考えずにそのまま外にでてどうすんだ、ってこと
・一度外に出ちゃったら、中に入るのに何倍も気が引けること

などを話している途中。「ピピピピッ、ピピピピッ」
ああ、燻製ができあがった音がしたよこれ以上やるとビターになっちゃうよ
チーズ溶けちゃうよ

という考えが頭を駆けめぐるものの「ちょっと待っててね」と説教を中断することも
出来ませんで冒頭の結果です。


ただね。シンプルなサラダに刻んで入れたら結構なアクセントになったり
数日経ったら、コレはコレで有りかと思ったりで、実に奥が深いと思いました。

2011/11/21(月) | 家族日記 | トラックバック(0) | コメント(0)

«  |  HOME  |  »

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://yamaznabe.blog19.fc2.com/tb.php/1002-ac431a4a
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。