スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

白笹稲荷の湧水


より大きな地図で 湧水マップ を表示

たまに車で通勤するのですが、朝に立ち寄れてしまう湧水です。
写真は7月ですが、若竹の泉と並んでこの夏はよく利用してましたね。

静謐な神社の入り口に竹製の樋がありまして、そこから流れてる
水を汲むことが出来ます。
境内の森のおかげか、泉のためかしっとりした雰囲気。
s-NEC_0281.jpg

s-NEC_0283.jpg

関東三大稲荷の一つであるとか、市内に住んでいても知りませんでしたが…。
信心の厚いほうではないのですが、自分の周りの神社・仏閣・旧跡の由来は
知ってると面白いかなと思い始めた年頃です(^^ゞ

冷茶を作ったときの印象は良いですね。なお、近くに白笹うどんという
古民家を利用したお店があります。歯応えのあるうどんとおでん好きの方には
おすすめ。
スポンサーサイト

2010/11/23(火) | 湧水 | トラックバック(0) | コメント(0)

酒匂の銘水


より大きな地図で 湧水マップ を表示

R255沿いのパチンコ屋さんにある湧水です。
駐車場の一角にありまして、地下70Mから組み上げているのだそうです。

なにしろ車でアクセスしやすいです。
タイミングによっては汲むのに待つかもしれませんが、ペットボトル1本を
ぶら下げてたおいらは親切な方に譲ってもらいました。

近くの延命水と印象が似ていて、お茶が美味しく感じます。
NEC_0275-.jpg

2010/10/28(木) | 湧水 | トラックバック(0) | コメント(0)

足柄地蔵尊 延命水

涼しくなって、冷茶作りも湧水巡りも最近してませんが
備忘録という名のネタ消化。

小田原市内を仕事で移動してて、何度も目の前を通り過ぎていたのに
水汲みをするまで気にもとめなかったところ。

より大きな地図で 湧水マップ を表示

目立たないというより、おいらの興味の問題かと。
改めて湧水のことを調べていたときに、「あ、あそこか」という具合。

駐車場のあるお社は、道路から見ると提灯と看板が目印となります。
井細田駅方面から向かうときは、くれぐれも逆走しないように
しましょう。<した人

NEC_0273.jpg

延命水とのことですが、箱根の茹卵みたいなもんでしょうかー。
くせがなく飲みやすいのと、地元の方によってよく整備されている
印象でした。

2010/10/06(水) | 湧水 | トラックバック(0) | コメント(0)

弘法の清水

地図を張りつけると、表示が遅くなるように思うので
暫定で、一度に表示する記事数を減らしてみました。


より大きな地図で 湧水マップ を表示

NEC_0240s-.jpg
秦野駅から徒歩数分のところにある、弘法の清水です。
若竹の泉にいた人に教わったおすすめの泉。

NEC_0256s-.jpg
水量が豊富です。

ずいぶんきれいに整備されていると思ったら、一度汚染された後に浄化に成功して
改めて名水の指定を受けた湧水の象徴のようです。


NEC_0244.jpg
狭い住宅地の一画にあるので、XJRで。
それでも邪魔なので、近くの某スーパーの駐車場がいいかも。

NEC_0243.jpg
プラティパスというこの容器は、プラ容器の臭い移りがしないということで
同僚氏が貸してくれました。こんなんで5リットル入ります。

タンクバックにすっぽり納まるのはいいんですが、コレで走ると
ゆさゆさ揺れます。

ついでに言うと、翌日これを電車通勤で職場まで運んだら
重いのなんの…。

2010/09/10(金) | 湧水 | トラックバック(0) | コメント(0)

浄徳院 菖蒲園


より大きな地図で 湧水マップ を表示

国道246からすぐのお寺の敷地?駐車場から木立の方へ
少し歩きます。

奥の一画に看板と湧水があります。
NEC_0233.jpg


NEC_0232.jpg
なんというか、管理しているお寺さんには失礼ですが
朽ち始めている人工物って独特。
仕事帰りの薄暗い時間に行ったので、正直怖い。

日が高い時間だと印象が変わるかも知れませんが、こういう形
で保たれているからこそ、蛍が自然発生するのかもしれません。


肝心の水については、硬水なのかな?
お茶を淹れるにはどうかな?という感じです。

某山中から近いのですが、はっきり違うのが面白いですね。

2010/09/01(水) | 湧水 | トラックバック(0) | コメント(0)

某山中

仕事での行動範囲なんですが、舗装林道みたいな山中にて。

より大きな地図で 湧水マップ を表示

注意書きはお約束。
いかにもな感じで水が湧いてますが、こういうところはまわりの
状況次第で汚染されかねないのだそうです。
山の上がどうなっているか等々。

水源林の測量をやっている人と話をしたことがありまして、ココは
平気だよと聞いた気がします。

飲める水がそこらで湧いているとか、すごいよなぁ。


田舎と都市部を一つの物差しで比べるつもりはありませんが、
例えば横浜市は緑地保全のため「横浜みどり税」を市内の法人・
個人から広く徴収するスタンス。

環境がコストをかけて維持する必要があるもの、ということは
忘れないようにしたいもんです。

2010/08/27(金) | 湧水 | トラックバック(0) | コメント(0)

峠の湧水

取水場近くにある湧水。
道路からだとフェンスの切れ目から入ったほうが近いのですが、
ちょっと怪しい人みたいになります。

より大きな地図で 湧水マップ を表示

マーカーの写真は、おいらについて来たコドモ達の手。
暗くなってから水汲みに行くという、趣味につきあってくれたというか
なんでもついてくるというか。今だけでしょうね。

s-NEC_0271.jpg
明るいとこんな感じです。
なんとなくですけど、ここの水だとお茶がおいしく感じます。

2010/08/26(木) | 湧水 | トラックバック(0) | コメント(0)

若竹の泉

道端にある湧水で、結構な勢いで出ています。
居合わせた人の話では、実際に湧いている場所から
パイプで引いているそうです。

アクセスしやすいもので、よく行く場所。

前述の人曰く、「ここにはよく来るけど自分としては『弘法の清水』
の方が好きだね」とのこと。

こんな風にネタを仕入れられるとは。うれしいかぎりです。

より大きな地図で 湧水マップ を表示

冷茶を作って飲む限り、だいたいどこの水もまろやかな口当たりに
感じます。美味しいかどうかはお茶の葉という要素もあるので
一概に言えませんけど。

夏の初めの頃は一口飲んで

"Fantastic."

とか言うのを目指していろいろやってましたが。<職場で

2010/08/25(水) | 湧水 | トラックバック(0) | コメント(0)

湧水めぐりはじめ 「護摩屋敷の水」

猛暑厳しい今年の夏の初めのこと。職場で水だしの冷茶を
作るようになりました。

もとは、お客さんからお茶の葉を頂く事が定期的にあって、
自宅ではそれほど飲まないので、ダメにしちゃった事があるんですね。

もったいないし、申し訳ないしで昨年あたりから麦茶の代わりに
冷茶を作るようになったんですが、これが美味しくて。


なんというか、ペットボトルのお茶は濃いめじゃないと物足りない感じ。

そういう下地がありつつ、5月ごろに同僚と雑談をしていた際に
・秦野は湧水が豊富
・湧水で水だし冷茶って美味いんじゃない?

というノリになりました。じゃ、職場でもやってみようかなと。
もともとコーヒーやお茶は、一息いれるのによく淹れてましたし。

付け加えるならば、職場の水道水がカルキ臭いんですよ。
相模川水系ってああなのかな。
職場では水のサーバーを入れてもらってるので、お茶するとき以外は
水ばっか飲んでるんですけど…。

家では水道水で作っても気にならないんですが、面白そう。

湧水が豊富、ということをぼんやりと知っていましたが
実際汲みに行ってみると、それがすごい事だなと。
そして自分の行動範囲に数多くあることに、驚きました。

汲みに行った場所を記録するグーグルのマイマップなんかも作ってみました。
勢い、カテゴリまで作ったのでぼちぼち補足していこうと思います。

なお、殺菌処理されていない生水ですから、飲料にする場合は
煮沸等、自己責任で御願いしますね。


より大きな地図で 湧水マップ を表示

最初に行ったのはヤビツ峠の「護摩屋敷の水」です。
有名なところで、いつ行っても車一杯の容器を満たそうとする人がいます。
アイコンをクリックすると写真出ます。ちょっと写真を撮りづらかったので、
看板で。

いくら地元とはいえ、MPV号で家族を乗せて行く所じゃなかったなと反省。

なお、湧水マップはおいらの同僚氏も編集しているので、妙に山奥な
アイコンは彼担当です。

2010/08/24(火) | 湧水 | トラックバック(0) | コメント(0)

 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。